AGAは病院で治療を受けることができる|薄毛に悩まない

男の人

薄毛から発毛させるには

医者

薄毛の進行をとめる治療

AGAとは男性型脱毛症の略で脱毛症状の1つで、思春期を過ぎたばかりの若い男性から40代過ぎの壮年世代まで発症します。また、後頭部や側頭部の頭髪を残して頭の頂点や前髪の生え際が薄くなる、左右のこめかみに剃り込みを入れたように薄くなるのが症状の特徴です。AGAは、男性ホルモンや頭皮の毛穴から出る酵素の影響が原因として考えられています。男性ホルモンや酵素の影響によってヘアサイクルが乱れて毛髪が育たずに抜け落ちてしまうのです。進行するので、皮膚科やAGA専門の病院での治療がオススメです。病院では内服薬や外用薬で酵素の分泌を抑制したり、頭皮の血行を良くする治療を行っています。これは、AGAが進行しないようにし、毛髪を太く健康にする治療です。発毛効果はあまり期待できないといわれています。

発毛させたい時は

既に薄毛になっているところに発毛させたい時には、AGA専門病院での植毛治療が1番効果的です。植毛は後頭部の毛髪を利用して薄毛部分に移植していく方法です。自分の毛髪を使うので副作用がなく発毛効果は80%以上あります。一般的な植毛は、頭皮をある程度切り取って移植が行われおり後頭部に傷跡が残ることがデメリットでした。しかし、研究開発が進んでいる近年ではメスを使わないので傷跡が残ることなく植毛することが出来るようになっています。治療の内容については、病院で十分なカウンセリングを受けることが重要です。抜け毛を止めて育毛効果が高い内服薬や外用薬もありますので、自分の症状にあった治療を受けるようにしましょう。